ホーム>カンボジアからの商品販売
イメージ画像
  • サンプルバナー

カンボジアからの商品販売

東南アジアに目を向けています。

パラゴン

2012年にジャパンファームプロダクツを設立し、カンボジアに現地法人を設立。
現在、日本の飽和状態のマーケットでは可能性が少ないと感じ発展途上の東南アジアに目を向けました。
シンガポールをはじめ各国の経済成長は驚くほどで、市場調査をすれば驚くことばかりでした。
これなら日本の農産物はきっと高く売れると確信しました。
しかし、まだまだ日本産のものがなぜ美味しいのか?なぜ安全なのか?伝わっていない国が少なくありません。だったら私たち日本人農家が現地で美味しい、安全な作物を作って実際に食べてもらおう!ここからスタートしました。
その生産拠点をカンボジアにしたのは、農業が国民の約80%の職業なのに所得が非常に低い事から、私たちの持っている技術をカンボジアに広め、国益を上げてもらおう!そう思ったからです。
現在、カンボジアでは約14haの土地で少しずつ栽培を始めています。
主にオーガニックのオクラとマンゴーを栽培しています。オクラは好評でレストランや大手スーパーからも注文をいただいています。

                                                                         シルク